法人向けの光回線って何?フレッツ光以外にもあるの?

光回線にも法人向けのサービスがあるのをご存知でしょうか。
光回線のインターネットを申し込む際、回線業者とプロバイダに申し込みますが、そのプロバイダで法人向けと個人向けのサービスが提供されています。
会社などで使うインターネットはこの法人向けのサービスを利用することをおすすめします。

個人向けと法人向けはなにが違うのでしょうか。
大きな違いは法人向けには固定IPアドレスを所得できることです。
IPアドレスとは、インターネット上の住所のようなものです。
電話で例えると電話番号のようなものをイメージしてください。
個人向けのサービスではこのIPアドレスが固定ではなくインターネットに繋げるたびに一時的にIPアドレスを割り振られます。
法人向けのサービスではこのIPアドレスがいつでも同じものを利用できます。
法人の場合、社員など複数人でサーバーを共有しますので、IPアドレスが固定されていると、その運営に非常に便利になります。

さてその法人向けの光回線はどこで申し込めるのかですが、プロバイダと契約する時に法人向けのサービスに申し込むことになります。
そして多くのプロバイダで法人向けサービスは展開されています。
フレッツ光はもちろん、auひかり、ソフトバンク光でも提供されています。

さてプロバイダを契約する時に同時に光回線業者を決めなくてはいけません。
何となく決めるのではなく、おすすめの光回線情報を得ることが重要でしょう。
光回線でよく比較される、フレッツ光とauひかりがあります。

フレッツ光は、NTTが運営している。
最も有名な光回線です。
みなさんは光コラボというのをご存知ですか。
最近ソフトバンク光、So-net光、ドコモ光などさまざまな光回線が出てきていますが、これらはほとんどフレッツ光の回線を利用して提供しています。
それらの光回線同士のインターネットだと乗り換える時に新たに回線工事などが必要なく、非常に便利な関係になっています。
一度光コラボの光回線を繋げてしまえば、その後はインターネットの乗り換えも非常にしやすくなります。

auひかりは光コラボとは関係なく、独自の光回線を使っています。
そのため、現在フレッツ光を利用している方がauひかりに乗り換える場合、新たに回線を繋げる工事が必要になります。
しかしauひかりはとても評判の良いサービスです。
速くて安い、またau携帯電話とのセット割引きなどがあり評判になっておすすめのサービスです。

現在さまざまなインターネットサービスがでてきています。
各社さまざまなサービスを提供しているので、いろいろ比較していいインターネットを利用しましょう。